高血圧性網膜症

高血圧が発症の要因で自覚症状はない

高血圧性網膜症

重度の高血圧によって、目の網膜動脈が損傷し、異常が起こる症状が高血圧性網膜症です。自覚症状がほとんどないので、血圧の高い方は定期的に眼底検査することをお勧めします。検査をすることで眼底出血などが見つかり、発症していたことがわかったというケースもよくみられます。放置しておくと網膜動脈硬化症や網膜静脈閉塞症など視力を低下させる疾患を発症するリスクが高くなります。
なお、治療については、とにかく血圧を正常な値に戻すことが最も重要です。高血圧の治療と同じように生活習慣の改善(食事・運動療法)を行ってください。また、医師から高血圧の薬を処方されている方は、きちんと服用することが大切です。