眼精疲労

眼精疲労とは

眼精疲労

眼精疲労とは、目を使う作業を継続することにより、目の痛み、視界のかすみ、まぶしさ、充血などの眼症状や、頭痛、肩こり、腰痛、吐き気などの全身にわたる症状が現れ、休息や睡眠を取っても十分に回復しない状態を言います(しばらく休憩したり、睡眠を取ったりすることによって回復するような一時的な目の疲れは「疲れ目」と呼ばれます)。

眼精疲労の原因

目に何らかの問題があって発生することが多いのですが、その多くは「度」の合わないメガネを使用していたり、老視(老眼)の初期などで無理のかかる近業を行ったりしていた結果です。また、緑内障や白内障、ドライアイなどの眼疾患でも眼精疲労が出現することがありますので、要注意です。最近は、特にスマートフォンやパソコンなどを使用する機会(VDT作業)が増えており、これが原因の眼精疲労が目立っています。
その他、全身疾患に伴うもの、心因性のもの、環境によるものなど、眼精疲労をもたらす要因は、非常に幅広く存在します。

眼精疲労の治療

まずは原因を探し、発見されたらそれを排除することが大切です。メガネやコンタクトレンズが合わない場合は作り直し、目の病気が見つかったら、その治療をします。パソコンを使用する機会の多い人は、適度な休息をこまめに取りながら(1時間に1回、5~10分程度)行うことが大切です。ディスプレイの高さ・目との距離の調節やブルーライト・カットも効果的です。眼精疲労に特効薬のようなものはありませんが、ビタミン剤の配合された点眼薬や内服薬が効果的な場合もあります。