眼底出血

眼底出血

眼底の血管が詰まって破裂することで出血が網膜や硝子体に広がるケースを言います。
高血圧、糖尿病、腎臓病などの全身病による出血、網膜血管の動脈硬化を基盤に生じる網膜出血、外傷による出血、後部硝子体剥離による網膜裂孔形成の際に生じる出血など、様々な出血があります。自覚症状の無いものから、視力低下、視野欠損などまで、出血の程度や場所によって、症状には大きな差異が生じてきます。